国連総会ではどんなことを話し合うのか

国連総会ではどんなことを話し合うのか

国連総会ではどんなことを話し合うのか

国連総会ではどんなことを話し合うのか

国連には193か国の国が加入しており、逆に国連に加盟していない国は22か国あります。

加盟していないのは台湾、パレスチナなどといった、国際的に「国」として認められていない国や、ローマ市内にあるヴァチカン市国などといった国に加えて、どの国にも属さない南極があります。

国連総会は基本的に国連に加盟しているすべての国が参加し、国際的に解決しなければいけない事項について話し合います。

略称に関してはGA、UNGAと呼ばれています。

memorandum
業界最薄シンプル規定だから取得も更新も楽々です!

ここで話し合われる内容に関しては、国際的な平和を維持するためのもの、国際協力が必要な経済問題などと言ったもの、世界的に問題視されている人種などによる差別の問題、国連の予算、国際法の改正などといったものです。

この国連総会に関しては日本の国会のように、通常会・特別会・緊急特別会の3種類の会議の種類が存在します。

特別会は国際安全保障理事会もしくは過半数以上の国際連合加盟国による要請によって開かれ、緊急特別会は戦争などと言った緊急時において、国際安全保障理事会による議決、もしくは特別会同様過半数以上の国際連合加盟国の要請によって開くことが出来ます。

緊急特別会に関しては国際安全保障理事会の常任理事国による拒否権の発動が通用しないものであります。

memorandum
価格.comで人気の包丁売れ筋がわかる

開催時期に関しえてゃ9月中旬から始まり、この会議はアメリカのニューヨーク市マンハッタン区にある国際連合本部ビルにて行われます。

このビルには図書館や庭園があり、これらに関しては一般市民も利用することが出来、ニューヨークを訪れた際には一度観光や勉強のために訪れることをお勧めします。

また、この庭園には日本が平和の鐘を寄贈しており、この周辺には様々な樹や花があり、日本人であればとてもなじみ深い落ち着く雰囲気となっています。

国連総会では毎年各国の首脳が参加し、日本に関しては基本的には首相が代表として参加しています。

そして、毎年一般討論においては、これらの首脳による演説が行われており、日本は毎年世界平和を訴える内容を主としてこれを行っています。

memorandum
ベンチャーサポートは大阪の起業家をサポートします

その演説の内容に関しては、その年に大きな国際問題となった経済や紛争、などと言ったことに触れた内容であることが多く、それに加えて、ずっと問題視され続けている人種間、性別などによる差別や地球温暖化、技術の発展による環境破壊などに関することも多いです。

このように地球上のすべての地域が平和になるよう話し合いによる解決を目指す場が国連総会です。